管理者によっての宗教に関する問題

管理者によっての宗教に関する問題


管理者によっての宗教に関する問題
霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。 寺院墓地は、一般的に檀家になることが基本となっていますので、その寺院の宗教の信徒であることが条件となります。
最近においての寺院墓地には他宗派の信徒も受け入れるところもありますが、一般的には仏教だけというところが多くなっています。どんなに気に入った霊園や墓地があったとしましても、宗教や宗派が異なっていますと受け入れないこともあります。
公営霊園の場合におきましては、宗教や宗派の制限がほとんど無く宗教を問われることはありません。

民営霊園は、宗教・宗派不問で運営をしているケースが多くなっています。
ただし事業主体が宗教法人の場合におきましては、仏教以外の人は受け入れてもらえない時がありますので注意が必要です。




管理者によっての宗教に関する問題ブログ:22-12-04

あたしは息子を心底憎たらしいと思った事はないし、
「許せない」と思うこともない。

しかし、
これはここ数年でやっと得た感情で、
一種「境地」の様なものだ。

あたしは結婚して
主人を許せないと思った事が一度だけある。

結婚のために退職して
「主婦のプロ」になるべく、
あたしは毎日忙しくしていた。

自分に厳しく、
主人に尽くすことがあたしの使命だと思い、
それこそ必死に専業主婦をつとめようとしていた。

そんなある日の事だった。
原因は「しょうもない事だった」のだろうと今では思うが、
当時は「あたしはどうしてこんな人と結婚してしまったのだろう」と
後悔して涙がポロポロこぼれた。

要は、主人の何気ない一言で、
あたしへの世間の評価が下がったという事だった。

常に自分に厳しく、
それで評価を得てきた自分が、
自分自身の努力や失敗とは関係のない事が原因で、
評価が下がるという事が、あたしは死ぬほど許せなかった。

でも、
等身大の自分と向き合う事が出来る様になると、
自分以外の人がどう評価しようと関係なくなってくる。

つまり
「自分以外の人のせいで自分の評価が下がる事」に対して、
「許せない」という強い衝動を感じなくなってくるのだ。

息子を叱る時に、
「俺の顔に泥を塗りやがって」
というような事を言う親父がいる。

この台詞を聞いた息子が、
「この人は俺よりも世間体が大事なんだ!」
と思うのは当然だ。

後から慌てて、
「お前のために言っているんだ」 などと言っても、
もう遅い!

この親父は、
息子の事を本気で「許せない」と思う。

自分以外、例えば奥さんや息子のことで、
自分自身の評価が下がることを最も恐れる。

そして、
そんな事があれば
心底「許せない」と思うのである。

管理者によっての宗教に関する問題

管理者によっての宗教に関する問題

★メニュー

より安心な霊園選びをするために
自治体が管理をする霊園の公営墓地
最近ではローンでお墓を購入するケースが多い
霊園の環境や管理状況を要チェック
希望の霊園をまずは自分なりにまとめましょう
民営の霊園を利用するメリット
霊園選びで大切なのは立地条件
管理者によっての宗教に関する問題
自分にとって必要な設備が整っている霊園を選ぶ
多くの民間霊園が指定石材店制を導入しています


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)霊園の正しい基礎知識を学ぼう