霊園の環境や管理状況を要チェック

決して安い買い物では無い霊園ですが、お金の問題だけではなく長い付き合いになりますので慎重さが必要です。
条件の悪い管理状況や、オプションが納得いかないようでしたら立地条件が良くても選ぶべきではありません。 霊園の運営や管理体制も非常に重要なもので、そのポイントとしては墓地の掃除は行き届いているかをチェックしましょう。
また墓参道具の整理整頓や植え込みや芝の手入れ、さらには係員の対応などを確認しておきましょう。霊園はとにかく日当たりがよくて、風通しや水はけのよい所がベストな場所と言えるでしょう。
水はけというのは納骨室が地下にある場合におきましては、納骨されたご遺骨が清浄な状態で保つことが出来るかどうかの重要なポイントとなりますので要チェックです。

 

何も霊園のことについて調べること無く交通の便だけなどで決めてしまうのは大変危険です。
実際に購入したら、全く管理が行き届いていないような霊園だったということもありますので、後々苦労をしてしまうことになります。



霊園の環境や管理状況を要チェックブログ:22-09-30

育児をしている時は、
子どもが何かしてきたら、
大袈裟に褒めるということが非常に大事!
通常の褒め方では駄目なのである。

子どもは自分の両親が大喜びしているのが解ると、
脳の限界を取り払って、
脳のシナプスを一気に増やすことができるのである。

気をつけるべきは、
夫婦のどちらかが両親馬鹿になってしまい、
夫婦の一方が白けてしまいチャチャを入れること。

これは夫婦としては正常の反応であっても、
育児においては非常に有害なのだ。

夫婦のどちらかが両親馬鹿になっているのなら、
自分も一緒になって両親馬鹿になってしまうくらいの
心意気が必要なのである。

都市部で暮らしていると、都会の刺激が強いために、
どうしても白けてる人々が大量に出てきてしまう。

奥さんが両親馬鹿になっても、旦那がツッコミを入れて来るし、
旦那が両親馬鹿になると、奥さんがツッコミを入れて来て、
両親馬鹿になる機会を失ってしまう…

そうすると
子どもは脳のシナプスを増やすことができず、
頭が悪くなってしまうのだ。

子どもは誕生から6歳までの間、
日々、必ず何かしら仕出かして来るのだから、
夫婦が交互に何かを見つけて、大袈裟に褒めてしまえばいい。

大袈裟に褒めれば褒めるほど
子どもの脳のシナプスが増えるのだから、
非常に頭の良い子どもに育ち、その後の子育てが非常に楽になるのである。

とは言え、
夫婦はいつも元気一杯でいられるわけがない。

奥さんは育児疲労で疲れ切ってしまうこともあるし、
旦那は勤続疲労で疲れ切ってしまう時もある。

なので、
奥さんが疲れていたら、奥さんを休ませて、
その間、旦那が子どもに対して両親馬鹿になっていればいい。

旦那が疲れていたら、旦那を休ませ、
その間、奥さんが子どもに対して両親馬鹿になっていればいいのだ。